ブラックリスト

信用情報機関について

money

金融機関にあると言われるブラックリスト。これに名前が載ると、新たな借金やカードローンの申込みが出来ない、次に借りる時は金利が高くなる?という都市伝説的な話も聞こえてきます。
ブラックリストとはどのようなものなのでしょうか。


種を明かせば、実はブラックリストという専用のリストは存在しません。
金融機関のカードローン等に申し込んだ時の申し込み内容や、カードローンの利用状況が個人別に専用のデータベース上にあるだけです。


その個人データの記載内容にはブラックもホワイトもありません。返済履歴や返済事故の欄にもしそれがあれば記載されますが、問題の無い人はその欄が空欄なだけです。


それともう一つ。そんな(ブラック)リストは各金融機関が持っているのでもありません。
専用のデータベース会社が持っており、それを各金融機関が共有している形をとっているのです。
つまり、誰かがある銀行に新規にカードローンを申し込むと、その情報はその銀行にだけではなく、データベース会社にも登録され、その内容は他の銀行からも見ることが出来るのです。


誰かが返済トラブルを起こしてその銀行の出入り禁止になると、その情報は他の銀行も同時に知る所となり、その人は他の銀行からも相手にされなくなる、ということなのです。


これは、個人の返済データを各銀行が個別に持っているだけだと、問題のある人が銀行Aでトラブルを起こしても他の銀行Bをそれを知らず、その銀行Bは次ぎにその人とトラブルになる、という事を防ぐためなのです。


また、返済トラブルも、一定期間が経てばリセットされるという情報も共有しています。
ただ、ブラックリストとはよく言ったもので、返済トラブルを起こした人が直ぐに分かるという意味では、イメージ的にもぴったりな呼び名だと言えるでしょう。


先ほどの「専用のデータベース会社」が、この信用情報機関のことで、金融業を営む業界団体が母体となって作ったものです。


余り気にしていないと思いますが、カードローンを申込む場合、申請書にある小さい字で細かく書かれた契約事項の中に、あなたが申請した内容は〇〇信用情報機関にも登録します云々の記載があるはずです。

 


つまり、申請した時点であなたの個人情報は全て各金融機関が情報共有している〇〇信用情報機関に登録することを認めたことになるのです。


信用情報機関は母体となる金融機関により次の団体があります。


・株式会社日本信用情報機構(JICC) :消費者金融系の信用情報機関。
・株式会社シー・アイ・シー(CIC) :銀行・信金・農協系の信用情報機関。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC) :信販系の信用情報機関。


ただ、各々の信用情報機関の間には情報共有は無く、ある意味抜け穴となってることから、これらの間でも情報共有化されるようになることが望まれています。

自分の信用情報が分かると審査も怖くなくなりますよね。すぐにお金が必要な方は家族に内緒で借りる方法も紹介しているこちらのサイトを参考にしてください。

その他参考サイト→http://www.purifunction.com/

↑ PAGE TOP