ブラックリストに載る前に

ブラックリストに載る前に知っておきたいこと

カードローンを利用している人は多いと思いますので、中には返済トラブルを起こした人もいるでしょう。
例えば、残高不足。


これはよくあると思いますが、カードローンの返済が自動引き落としになっているのに、その口座に残高が無く、引き落としがされなかった場合です。


多分、返済がある事に気が付かずつい残高を使い切ってしまったのかも知れませんが、カードローン会社からすると返済トラブル(返済事故)発生となります。
その場合、返済日の次の日にはカードローン会社から返済が出来ていませんよと、電話が掛かって来ます。
その時、返済額の入金をいついつまでに行います、という約束をして、それをきちんと守れば何も問題はありません。


指定口座に入金すると恐らく次の瞬間に引き落としが終了するくらいの勢いで返済が完了するでしょう。
実を言うと、私自身、何度かこの返済トラブルを起こしたことがありますが、幸いにも無事返済を済ませており、今のところ特に問題なく過ごしています。


ただ、これが毎月のようにあったり、約束した返済期日までに入金出来なかったりすると、すぐにでは無いはずですが、ブラックリストに載る可能性が出てきます。

 

ブラックリストとは返済トラブルが規定値を超えた場合に付く記録のことですが、一度この記録が付くと、追加融資が受けられなくなり、カードは正に返済専用となってしまいます。


またその返済に当てようと、別のカードローン会社で新規のカードを申請しようとしても受け付けてはもらえません。ブラックリスト情報は全てのカードローン会社で共有しているからです。

men

そしてブラックリストから記録がが消える、つまり時効となるのは5年から10年とも言われており、その間は新規の融資を受けることは出来なという、とんでもない状況となってしまうのです。
返済日に口座残高ゼロで返済トラブルとなることは、1-2回とか、たまにある、位であれば割に多目に見てくれるようです。経験上もそれは合っていると思います。


カードローン会社に確かめたことはないので確かなことは言えませんが、3ヵ月連続の返済トラブルや、累計の返済トラブルが6回になるとブラックリストに載るという噂もあります。
カードローン会社はどこも大手の企業ですので、いきなりブラックリストに載せることは無いのではないかという希望的観測はあります。


事前に、これ以上返済トラブルがあるとそろそろブラックリストに載りますよ、とか連絡があるのではないかな、という希望的観測です。


ついうっかりの返済トラブルもどうかと思いますが、もし事前に口座残高ゼロで返済出来ないことに気付いたとしたら、その時点でカードローン会社のその旨を連絡しましょう。
その後の対応方法を相談に乗ってくれるはずです。
今後の生活のためにも、ブラックリストに載ることだけは避けたいものです。

↑ PAGE TOP